ブラックリストでもキャッシングは可能?

ブラックリストでもキャッシングは可能?

ブラックリストでもキャッシングは可能?

ブラックリストと言う言葉をご存知でしょうか?たぶんほとんどの方が聞いた事はあると思います。いわゆるブラックと言うやつです。このブラックリストなのですが、ブラックリストと言うリストが実際にあると思っている人が多いようですが、その様なリストは実際存在しません。

 

ローンを組んだり、クレジットカードでキャッシングやショッピングをしたり、カードローンを利用した場合に、それらの情報は全て「信用情報機関」に登録されるのです。そして、毎月の返済額、現在の借入残高、ローン会社、等々が全てわかるようになっているのです。

 

もちろん返済が遅れた場合も全て個人信用情報に記録されます。そして返済が一定期間滞ってしまった場合に事故情報(異動情報・延滞情報)やネガティブ情報として個人信用情報に記録されるのです。

 

このような状況の事をブラックリストと言うのです。ですから、ブラックリストと言うリストがあるのではなく、個人信用情報に事故情報が載ってしまう事をブラックリストと言います。

 

事故情報=ブラックリスト

 

ブラックリストになるとできない事

ブラックリストになると以下の事ができなくなります。

  • 銀行や消費者金融からお金を借りる事が一切できなくなる
  • 自動車ローン・住宅ローン・その他ローンが組めなくなる
  • お手持ちのクレジットカード等が使えなくなる

上記のように金融商品すべてが利用できなくなってしまいます。つまりブラックリストはキャッシングもできないという事です。

 

ブラックリストは年数が経過すると消える?

個人信用情報に事故情報が一度載ってしまうと一生消えないのかと言いますとそうではありません。信用状期間は3つの機関があり、それぞれで個人信用情報を管理しています。それではそれぞれの機関の情報が消える年数を見て見ましょう。

 

全国銀行協会
  • 延滞⇒5年
  • 代位弁済⇒5年
  • 任意整理⇒5年
  • 自己破産⇒10年

 

CIC
  • 延滞⇒5年
  • 任意整理⇒5年
  • 自己破産⇒7年

 

JICC
  • 延滞⇒1年
  • 任意整理⇒5年
  • 自己破産⇒5年
  • 強制解約⇒5年

 

上記の年数が経過すれば、個人信用情報に記載された事故情報は消えるのですが1つ注意があります。注意点は「事故の解消から各年数」必要と言う事です。つまり借りていたお金、返済を滞らせたお金を全て返済してからそれぞれの年数の経過が必要という事です。要するに、返済しない場合は一生消えないと言う事です。

 

ですから、一気に返済するのは難しいかもわかりませんが、少しづつでも良いので返済して、それぞれの年数が経てば、個人信用情報から事故情報が消えて再度ローンを組んだり、クレジットカードの利用や、カードローンによるキャッシングの利用ができるようになるのです。

 

ブラックリストの可能性がある方

ブラックリストの可能性がある方は、ローンなどの審査に落ちると言う方は要注意です。また、消費者金融や銀行カードローンの申込みをしてもことごとく審査に落ちたと言う方は、ブラックリストの可能性が極めて高いです。過去に返済が遅れたりしていませんか?最近は携帯電話も割賦販売が多いので、携帯電話の料金の支払いが遅れたりした場合も全て個人信用情報に記録されます。またガソリンをクレジットカードを利用したけど、残高不足で引き落としされていなかったと言う事例も良くあります。金融商品の審査に通らないと言う方は一度個人信用情報を取得してみるのも悪くないかもですね。


ホーム RSS購読 サイトマップ