キャッシング審査に必要な項目

キャッシング審査に必要な項目

キャッシング審査に必要な項目

キャッシングをするには銀行カードローン若しくは消費者金融カードローンのいずれかに申込みをして審査に通る必要があります。この両者の審査に通らない場合はキャッシングをする事はできません。ではこの審査にはどのような項目が必要になってくるのでしょうか?審査項目について説明させて頂きます。

 

申込み時に必要な項目

まずキャッシングをするにはいずれかの金融機関で申込みをして審査に通る必要があります。その審査に必要な情報は以下の通りです。

本人確認

まずは基本中の基本なのですが審査には必ず本人確認書類の提出が必須になってきます。この本人確認書類は、申込み人の基本情報を把握する為と、申込み人と本人確認書類に相違が無いかという事を確認する為に提出が義務付けられております。

 

 

上記の運転免許証の提出が一般的です。しかし、運転免許証をお持ちでないと言う方は健康保険証やパスポートなどの提出が必要になってきます。この本人確認書類の情報を元に、申込みフォームに以下の情報を記載していきます。

  • 氏名
  • 生年月日
  • 性別
  • 既婚・未婚
  • メールアドレス
  • 携帯電話番号

 

自宅情報

自宅情報は現在のお住いの住所や住居の種類などの情報です。これはカードローンを申込む上で重要なポイントとなってきます。何が重要なのかと言いますと、自己所有の自宅の場合は審査に有利に働くという事です。しかし、持家では無いから審査が不利になるのかと言いますとそうではありませんのあまり気にしなくても大丈夫です。

  • 現住所(お住いの住所)
  • 自宅電話番号(無い場合は携帯)
  • 住居の種類(持家・賃貸)
  • 入居年月日(居住年数)
  • 住居負担額(ローン額や家賃)
  • 世帯数(同居家族の人数)

 

勤務先情報

カードローン審査で最も厳しいのがこの勤務先情報についての審査です。これは会社員であるか自営業なのか、派遣社員、パート・アルバイト、の情報や、勤務年数、年収、などが審査に大きく影響してきます。また、ここで審査に有利な職業を説明いたしますと「公務員・大手企業」にお勤めの方です。しかし、あくまでも有利と言うだけなので公務員や大手企業に勤めていないから審査に落ちるという事は一切ありませんのでご安心ください。それから公務員だからと言って確実に審査に通ると言う保証もありませんのでご注意ください。

  • 会社名
  • 所属部署
  • 勤務先住所
  • 勤務先電話番号
  • 社員数
  • 入社年月日
  • 雇用形態(正社員・派遣社員・アルバイト・パート等)
  • 業種(建築・製造・飲食業・小売業・医療機関・運輸、運送、倉庫業等)
  • 職種(管理職・現場作業員・事務・運転手・外勤営業員等)
  • 収入(月収・年収)
  • 収入携帯(固定給・一部歩合給・完全歩合給等)
  • 保険証種類(社会保険・組合保険・共済保険・国民健康保険)
  • 保険証区分(本人・扶養家族)
  • 最終学歴(大学院卒・大学卒・短大専門卒・高校卒・中学卒)

※勤続先の電話番号は、在籍確認の時に利用するので、普段自分が勤務している電話番号を記入してください。

 

他社での借入状況

他社での借入状況も審査の重要なポイントとなってきます。現在他社で借入があるか無いかを自己申告する必要があります。これは嘘を付いても全てわかりますので正直に申告するようにしてください。また、同じ金額を借りていた場合でも、1社からの借入と複数社からの借入だと印象が全然違います。もちろん1社から借入している方が印章が良いと言う意味です。

  • 現在の借入金額の合計額
  • 借入件数

 

借入希望額

借入希望額はあなたが借入したい希望額です。消費者金融の限度額はほとんどが500万円となっていますが、初めから500万円借りれる人はほとんどいないでしょう。それは、総量規制の問題が大きく影響してくると言う事と、消費者金融の場合はどれだけ年収が高くても初めての借入は50万円までからと言う場合がほとんどです。ただし審査結果と総量規制の問題でクリアしている場合はこの限りではございません。

 

ですから、初めは50万円以下で申込みをした方が無難でしょう。また消費者金融によっては50万円以下の借入の場合収入証明書類の提出が不要になる場合があるので必要書類を集める手間が少し省けます。また50万円で申込みをした場合でも歩希望に添えない場合や、減額の30万円問ううような形で返事が返ってくる場合もあります。

 

個人信用情報

上記の情報を元に、個人信用情報を開示して審査に入っていきます。そして個人信用情報に問題が無ければ本審査に入っていきます。ここで個人信用情報に問題があれば仮審査の時点でアウトという事になります。因みに個人信用情報はあなたが用意する必要はなく、金融機関側があなたの代わりに取得するようになっています。個人信用情報の取得には本人の同意が必要なのですが、申込みした時点で同意した事になります。

 

以上がカードローンを利用したキャッシングの審査に必要な項目になります。これらの情報は知っている必要はないのですが、キャッシングを利用するのであれば目を通していただいた方がよいでしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ