総量規制について

総量規制について

総量規制について

総量規制とはあまり聞き慣れない言葉ですが、お金を借りる際に銀行からの借入なのか、消費者金融からの借入なのかによって対象が変わってきます。結論を言いますと消費者金融カードローンは総量規制の対象で銀行カードローンは総量規制対象外となっております。

 

総量規制の対象となるのは「消費者金融」「信販会社」などのキャッシングです。では総量規制とは一体何なの?と言う方の為に以下でご説明いたします。

 

総量規制

総量規制とは簡単に言いますと年収の3分の1までしか借入できませんよ!という事です。少しわかりにくいと思いますので計算してみます。

 

【例】年収300万円の人の場合

 

300万円×1/3=100万円

このように年収300万円の人の場合、最大100万円までしか借りる事ができません。年収が450万円の人なら150万円、年収が600万円の人なら200万円が上限です。ですから、年収300万円の人が100万円以上の借入を希望する場合は消費者金融では無くて、銀行カードローンで申し込む必要があるのです。

 

総量規制はなぜあるの?

総量規制はなぜあるの?と思っている方も少なくは無いと思うのですが、総量規制は平成22年に貸金業法で定められた制度なのです。なぜそのような制度が定められたのかと言いますと、「多重債務者の急増」です。多重債務者とは複数の消費者金融などからお金を借りている人の事を言います。

 

平成22年以前の消費者金融の審査は杜撰で返済能力が無いと判断される人にも平気でお金を貸し付けていたのです。しかも総量規制など無かったので、債務者は借りたい放題です。つまり、A社で借りたお金の返済ができないのでB社でお金を借りてA社に返済をするというような感じで、借金が雪だるま式に膨らんでいって、どうする事も出来なくなってしまう人が急増したのです。

 

そこでできた法律が総量規制です。しかし、全ての金融商品に規制をかけてしまうと住宅ローンやオートローンの利用ができなくなってしまう為、総量規制の例外も作られたのです。その例外が「住宅ローン・オートローン・銀行カードローン」等々です。

 

ですから、銀行カードローンの場合は年収に関係なくお金を借入する事ができるのです。しかし、いくら総量規制がないと言ってもそれなりの審査がありますので年収200万円の人が500万円借りる事は不可能です。

 

結果的に総量規制とは、大手消費者金融以外の悪徳な貸金業者から私達を守ってくれる非常にありがたい制度なのです。

 

クレジットカードも総量規制の対象?

クレジットカードも総量規制の対象となる場合があります。クレジットカードが総量規制の対象となる場合は、クレジットカードに付随するキャッシング枠の部分です。ですから、クレジットカードのショッピングに関しましては、総量規制の対象外となります。

 

つまり、年収300万円の人がクレジットカードのキャッシングで50万円利用していた場合、消費者金融で60万円の申込みをした際は審査に通らないという事です。審査に落ちる事は無いと思いますが、減額の対象となるという事です。

 

しかし、クレジットカードも含めた複数社から借入をしていても年収の3分の1以下なら総量規制範囲内なので、新たな貸金業者に申込みをする事は可能です。ただし審査に通るかどうかはわかりません。


ホーム RSS購読 サイトマップ